建築現場において、スケジュールや安全面、仕事の品質などを管理する仕事を施工管理と言います。建築現場においてなくてはならない存在で、多くの職人を束ねる現場監督の役割を果たします。建設ラッシュの続く業界では、施工管理の求人が多くあります。施工管理の仕事は、未経験からでも始められる仕事ですが、1級または2級の施工管理技士という専門資格を有していると、より好条件で働くことができます。そのため、未経験者あるいは無資格者なのか、有資格者であるのかによって、求人検索の方法は異なります。いずれの場合もインターネットなどの求人サイトが便利です。未経験者であればそれでも応募可なのか、資格取得サポートが受けられるのかなどが一目で分かりますし、有資格者であれば、待遇面などが分かりやすく表示されています。

施工管理は各企業のサイトにも求人が載っている

施工管理という仕事は、あらゆる場面で必要とされている仕事です。近年では、女性の施工管理技士も増えつつあります。国も建設業界での女性技術者の育成に力を入れており、注目度の高い職種と言えます。施工管理と一口に言っても、ビルや住宅などを建設する際に活躍する「建築施工管理」、道路や河川、鉄道などインフラ整備と呼ばれる仕事を専門にする「土木施工管理」、公園や緑地を担当する「造園施工管理」などと、より専門性の高い分野でのスキルが求められることがあります。自分の得意とする分野や興味のある分野に絞って、施工管理の求人を探すこともよりやりがいのある職場と出会えるチャンスです。施工管理の求人を専門に扱っている求人サイトも多く、希望条件から絞ることも簡単です。あるいは、働きたいと思う企業の求人欄から施工管理の仕事に絞るという方法もおすすめです。

施工管理の求人で注意すべき点とは

未経験からでも始められる施工管理の求人ですが、コミュニケーション能力や臨機応変さなどは特に求められる能力と言えます。現場で働く人たちをまとめ、適切な仕事をしてもらうためには、各所との調整能力は不可欠です。さらに急なスケジュール変更やトラブルに柔軟に対応する力も必要です。未経験で始めた場合、資格取得やより高い専門性を有するためにも、コツコツと努力することも必要です。一つのことに黙々と打ち込みたいタイプの人は注意が必要です。目配り気配りの利くタイプの人には、一つの現場を取り仕切れる施工管理の仕事は最適と言えます。大きな仕事を任されることも多い施工管理の求人で、もう一点注意したいことは、大企業であればあるほど転勤の可能性があるということです。一つの地で身を固めたい場合は、転勤の可能性についてもよく確認しましょう。