建築関連の仕事に興味がある、建築業界でスキルアップをしたいという方におすすめなのが、施工管理の職に就くことです。施工管理とは呼んで字のごとく施工に関連する業務を行う仕事で、建築現場における工程や安全・品質を管理し、発注者との打ち合わせを行ったり技術者を指導するなど、現場の管理や監督業務を行います。施工管理は工事を成功させるためにさまざまな管理を行う必要があり、規模の大小を問わずどのような建築現場においても必要不可欠な職業でもあります。そのため、工事を完成させたときには、職人とともに大きなものを作り上げた達成感を感じることができ、とてもやりがいを感じることができます。また、専門性が高く漠然と建築業界の求人を探すよりも見つけやすくなります。ただし、施行管理の職は誰でも就くことができるものではなく、施行管理技士という国家資格と実務経験が必要です。

施工管理の求人を探すおすすめの方法とは?

施工管理の求人を探す方法にはどのようなものがあるのでしょう。一般的に求人を探す場合、ハローワークや求人雑誌、求人サイトなどの方法があります。もちろん、一般的な求人サイトで建築業界の求人はあるので見つけることはできますが、施行管理技士の資格を活かした就職や転職を考えているのなら、一般的な求人サイトやハローワークよりもおすすめの方法があります。1つは、施行管理など建築業界に特化した求人サイトに登録することです。建築に関わる求人のみを扱っている求人サイトなので、自分の希望に合った求人を見つけることができます。2つ目の方法が、コンサルタントがつく求人サイトに登録することです。自分担当のコンサルタントが付くことで、どのような待遇や職場を探しているのか伝えることができ、より自分に合った職場を見つけることができるのでおすすめです。施工管理で求人検索をするのなら、この2つの方法で探してみるといいでしょう。

施工管理の求人サイトを利用するメリットとは?

ハローワークや一般的な求人サイトではなく、建築業界に特化したサイトや、コンサルタントが付く求人サイトを利用するメリットには、どのような点が挙げられるでしょう。まず、建築業界に特化したサイトを利用することで、一般的な求人サイトを利用するより希望に合った職場を見つけやすいことが挙げられます。建築業界に特化しているということは、その業界にも詳しいということを指します。そのため、施行管理について疑問を抱いたときにも、相談しやすい環境が整っています。次に求人サイトで探すことで時間や場所を選ばずに求人情報をさがすことができる点が挙げられます。施工管理の仕事に転職する場合など、空いた時間に求人情報を探すことができます。また、近隣だけでなく全国の求人を見つけることができるため、自宅にいながら遠くの求人情報を見ることもできることもメリットとして挙げられるでしょう。

求人案件数は市況の上昇により前年比約180%です。 建築・土木・空調衛生設備・電気設備各施工管理技士、現場監督、設計など 経験者は紹介案件の幅も広く、より良い条件をご提示可能です。 お客様のご要望とスキルに合わせた求人を紹介しています。 高齢になってからの転職や、今までの仕事が定着していなかった人が働きやすい環境を提供します。 施工管理の求人探しは建築求人.jpへお任せを